松田聖子の怪我の原因やどこを打撲した?コンサートはどうなる?

松田聖子 画像

どーも、ガリオです。

 

歌手の松田聖子さんが7月8日に行った日本武道館コンサートで
何やら変わった演出で進められたそうです。

 

「椅子に座ったままでの歌唱」。これは狙った演出ではなく
松田聖子さんの怪我によるもの、ということ。

 

この日のコンサートのリハーサル中にでも
何かしらの原因で怪我をしてしまったのでしょうか?

 

どこを怪我した?

関係者によると、開演前にアナウンスがあり、聖子は椅子に座って歌唱を披露したという。肩と腰を痛めたとみられる。

ライブドアニュースより

 

ニュースでは、肩と腰を痛めたという情報が出回ってましたが
実際にコンサートに行ったというファン情報では

背中と腰を強打したという情報もありますね。

 

肩、背中、腰と上半身は広範囲に渡って
怪我をしたということなんでしょうかね。

 

一時は立ち上がることさえできなかったということで
相当なダメージのある怪我だったことでしょう。

 

これは当日のリハ中の怪我ではなく、
事前リハ中の怪我、もしくはプライベート中の怪我ということでしょう。

 

今回のツアー、6月25日が大阪城ホールでコンサート。
その際は通常の演出により行われたということなので
6月25日以降の怪我ということになりますね。

 

【追記】

ケガをしたのは、7月8日公演の数日前ということでした。

 

車椅子での移動ってことだから、相当ですよね。
それでも、コンサートを行うというプロ根性には脱帽です

 

Sponsored Links

 

松田聖子の怪我の原因は?

肩、背中、腰を怪我したということなので、
後ろ向きに転倒したと考えることが妥当ですよね。

 

例えばリハーサル中に歩いていて
マイクコードなどに引っかかりコケたとなると
身体の前部分が怪我する可能性大。

 

松田聖子さんのコンサートは55歳となった現在でも
歌唱中に松田さんがダンスしたりといった演出があるということなので
ダンス練習中に怪我をした可能性もありますね。

 

後ろに転倒してってことだと、後頭部を強打する場合もありますが
背中と腰の怪我ということは、ある意味不幸中の幸いといったところ。

 

そうそう、ちょっと気になったのが、
最初の方で触れたニュース内容の続き。

所属レコード会社は「演出を変更し、着席してのステージになりました。ケガをしたかどうかは、確認できていません」とコメントした。

ライブドアニュースより

えっ?確認できてないってマジ?

 

確認もなにも、コンサート中も椅子に座り車椅子で移動ってことは
ケガしてること確実では?と思うんですが。
所属レコード会社のこの話は、なんとも不思議なコメントだなーと思いましたよ。

 

Sponsored Links

 

コンサートツアーはどうなる?

日本武道館の公演は7月8日と9日の2日間公演。

 

9日のコンサートも、8日同様、
一部演出を変更して通常通り行うということです。
座ったままでの歌唱ということですね。

 

ここまでのケガでもしっかりとコンサートを行う人が
ツアーと中止するわけもありませんよ(すごいっす!)

本当にそうですよね。歌う時って、背中や腰に力入るし、
この怪我の状態から考えて、歌うことは不可能では?って思います。

 

それでもファンの為にコンサートを中止するわけにはいかない。
その根性と情熱が松田聖子さんの今回の対応から感じ取れます。

 

7月9日の日本武道館公演が終了すると、

  • 8月5日 マリンメッセ福岡
  • 8月19日 日本ガイシホール(愛知)
  • 8月20日 日本ガイシホール(愛知)

というツアースケジュールとなっていました。

 

マリンメッセ福岡公演まで約1ヶ月という期間があるので
その間でしっかりとケガを直してほしいですよね。

 

松田聖子さんにとっては、
コンサートでファンから声援を受けることが
一番の特効薬となっているのかもです。

 

Sponsored Links