倉持弁護士が送った通知文書の内容は?山尾志桜里お相手が元妻に送った全文が気になる!

Sponsored Links

どーも、ガリオです。

 

去年世間を騒がせたのが、山尾志桜里衆院議員の不倫疑惑。

 

ご本人は事実を認めたわけではありませんが、お相手である倉持麟太郎弁護士が騒動発覚後に当時結婚していた女性に離婚を突きつけられたそうです。

 

そんな元妻の女性に倉持弁護士が、とある通知書を送り週刊誌などへの取材に応じないように通告していたと、週刊文春が伝えていました。

 

いわゆる「口止め処理」ってことでしょうか?

 

その通知書の内容が気になりますよね!

 

Sponsored Links

 

倉持弁護士の通知書の内容は?

文春オンラインには、今回の概要としてこう書かれていました。

山尾志桜里衆院議員(43)の政策顧問を務める倉持麟太郎弁護士(35)。3月30日、その倉持弁護士が元妻A子さんに対し、メディアの取材に応じないよう圧力とも取れる内容の通知書を送付していたことが明らかになった。

A4用紙3枚の通知書には、〈第三者への口外禁止を書面にて確約していただくことが必要です〉、〈(確約がなければ長男との)面会交流を見合わせざるを得ません〉などと記されていた。

A子さんは、本誌3月22日発売号で「山尾志桜里さん、夫と息子を返して」という手記を発表。

山尾氏が夫婦の寝室に足を踏み入れたことなどを明かし、不倫発覚後に倉持氏から離婚を突きつけられ、親権を失った現状を赤裸々に綴っていた。

A子さん本人が語る。

「手記発表後、倉持に面会を拒否され、2週間も子供に会えていません。今回の文書は、まるで子供を人質に取り、脅すような内容でした。

私がメディアの取材に応じたことを理由に、長男への面会を拒否するなんて許されるのでしょうか。

また山尾さんは子を持つ親として、私の気持ちが分からないのでしょうか」

文春オンラインより

 

倉持弁護士の主張と元妻のA子さんの主張、どちらが正しいのか?は当人とそして山尾さんしか知らないってわけです。

 

まぁA子さんの主張を聞く限りは「これはひどすぎるやろ〜」とは100人中100人が思うような内容ですけど。。。

 

つい先日も山尾議員が

「子供が犯罪の被害者になった時に繰り返し被害状況を話すことが子供の心理的負担になってる」

みたいな主張をしていたみたいですけど、今回の文春の内容もそうですけど、不倫疑惑(もはや疑惑なのかどうか、、、)の渦中にいた人がそう言ったところで一斉に

「あんたが言うな」

状態になったことでしょう。

 

倉持弁護士が送った通知書の詳しい内容は、5日発売の週刊文春に掲載されるってことなので、内容が判明次第、追記していきますね!

 

 

 

【関連記事】
倉持麟太郎の嫁や子どもは?年下イケメン弁護士の顔画像も!

 

Sponsored Links