牛乳石鹸の炎上広告ポスターの女性は誰?笑顔とコピーの差が怖い!

どーも、ガリオです。

 

我が家ではボディソープを使わずに、固形石鹸を使ってお風呂で身体を洗っています。もちろんベタに「牛乳石鹸」ですけどね!

 

そんな牛乳石鹸の広告内容が今、「いろいろとやばい!」と話題になっているようですね。

 

話題になっているのがこの広告ポスターです。

このモデルの女性、誰かは知りませんが、自分が言ったわけじゃないのに色々とかわいそうです。

 

Sponsored Links

 

牛乳石鹸の闇深広告

何が闇深いってこのキャッチコピーと女性の爽やかすぎる笑顔のミスマッチ感!

 

今日も若手社員を泣かせてしまって、
自責の念でいっぱいです。

さ、洗い流そ。

 

若手社員を泣かせることが日常茶飯事かのごとく、、、いや〜怖い。笑顔でガンガン攻めて後輩号泣なんでしょうか?

 

自責の念からの切り替えの速さと言ったら!!「さ、洗い流そ。」じゃないやろーってことですよね。

そりゃ、こういう反応になりますよね。とにかくこのポスター、笑えないんですよ。笑えないってウケを狙うってことじゃなくて、見て楽しい気持ちになれないってことです。

 

後輩を泣かせたことに対する、自責の念を洗い流すための手段に使う道具が「牛乳石鹸」ってこと。

 

Sponsored Links

 

モデル女性は誰?

この強烈なキャッチコピーとセットで写真を使われたこの女性。

 

ポスターの右下部分に

牛乳石鹸歴24年
東京都港区 吉田仁美

とこの女性の名前が書かれていました。

 

ヴィックスコミュニケーションズという会社で執行役員を務めている方のようです。

 

ヴィックスコミュニケーションズのwebサイトを見てみると、この吉田仁美さんという方、これまでもさまざまなメディアに登場しているようですね。

 

多分、美貌を買われて表舞台に登場することが多いのでしょう。

 

短期大学卒業後、フリーターを経て、大手百貨店に受付兼エレベーターガールとして入社。約1年弱勤めた後、株式会社ヴィックスコミュニケーションズのコールセンターにアルバイトとして入社。1年後には正社員として、コールセンタースタッフの管理、運営を指揮するように。セールスプロモーション、人財派遣、紹介業などの新規事業の立ち上げを経て、2012年に女性初の執行役員に就任。現在は人事担当として、採用から人事制度の仕組み作りに携わっている。

 

ちなみに現在は1981年生まれで現在36歳(2017年8月現在)。お子さんもいるようですよ。

 

今回の牛乳石鹸ポスターに出演したことで、ヴィックスコミュニケーションズがこういう会社なのか?なんて思われることになっちゃうのでは?と思いませんか?

 

調べてみた限り、特にこの会社がブラック企業だという噂などは出てきていません。とんだとばっちりとならないように、、、ですね。

 

ガリオの「一言いわせて」

ボクら素人からしたら、ポスターの製作段階でこのキャッチコピーとこの写真の組み合わせ案が出てきた時「これあかんのちゃいますか?」とならなかったのか?

 

製作はあの超大手広告代理店みたいですが、ネームバリューと秀逸なプレゼンに負けて、誰も反論できなかったのでしょうかね。

 

多分、普通の代理店でこの案出してきたらお客さんは「あかんやん」の一言で即ボツになりそうです。

 

今回はこの広告のモデルとなった吉田仁美さんも、最終チェックはしているとは思いますが、「このギャップがいいんです!」ということで強引にオッケーへと持っていかれたのかもですね。

 

Sponsored Links