ポテサラO157製造の群馬県の食品工場はどこ?加工時点で混入?

どーも、ガリオです。

 

5歳の女の子が入院したというニュースに、同じ年齢の娘を持つ身として他人事とは思えませんでした。

 

埼玉県のスーパーマーケットの惣菜を食べた人が集団感染した「O157」。ポテトサラダから出たということです。

 

当初は店舗での調理段階でO157に汚染されたと見ていましたが、調査を続けると加工した群馬県高崎市の食品工場でO157が混入した可能性が高いということ!

 

Sponsored Links

 

O157のポテサラを作った食品工場は?

O157感染が発生したのはスーパーマーケット「食彩館マルシェ籠原店」に入る惣菜店「でりしゃす籠原店」という店舗です。

 

ここで売られていたポテトサラダですが、こちらの惣菜店舗で食品工場から仕入れたものに、ハムやリンゴを混ぜて店舗で販売していたそうです。

 

その仕入れた先が、今回O157に汚染された可能性が高いとされている群馬県高崎市の食品工場です。

 

この食品工場を調べてみると「株式会社光食品惣菜製造工場」という工場だとわかりました。

 

現時点では可能性が高いという段階ではありますが、もしも発生源だと判明すれば、適切な対応と今後の食品管理への徹底をしてほしいものです。

 

今回ポテサラを食べてO157に感染した方々も命に別状はないということで、それだけでもほっとしました。特に5歳の女の子は一時重体だったと報道があっただけに、回復に向かっているというのが本当に安心です。

 

Sponsored Links

 

今回の事件の経緯

埼玉県熊谷市のスーパー「食彩館マルシェ籠原店」に入る惣菜店「でりしゃす籠原店」で8月7、8日に購入したポテトサラダを食べたうちの13人が、腹痛や下痢を訴えたということ。

 

そのうち9人からO157が検出され、当初は「でりしゃす籠原店」での調理段階でO157に汚染したとみられていましたが、でりしゃすの他店舗でも感染者が出たということから、ポテトサラダをほぼ最終段階まで製造していた、群馬県高崎市の食品工場(株式会社光食品惣菜製造工場)が感染の可能性が高いとみて調査することとなったようです。

 

スーパーの惣菜ってバックヤードの調理場で作っているもんだと思っていましたが、食品工場から仕入れているんですね!

 

スーパーが多店舗展開しているため、一括で作っているというパターンなんでしょうか。

 

なので、こういった汚染がなされると一気に広がってしまう可能性が高いということです。食品を取り扱うところで食中毒は企業としても致命傷です。

 

今回は最悪の事態を免れたことが不幸中の幸いですが、真相解明をして、再発防止に取り組んでほしいです。そしてまずは被害者の回復が最優先ですね。

 

Sponsored Links