豊田真由子の音声使用料の金額はいくら?このハゲが超高額!

豊田真由子 画像

 

どーも、ガリオです。

 

まだ入院中ですね。
「このハゲーっ!!」ですっかりお馴染みになった
自民党の豊田真由子衆院議員。

 

あれだけのインパクトを与えたおかげで
先日の都議選の自民惨敗の立役者(!)なんて揶揄されているほどです。

 

元秘書の隠し撮り音声がテレビで連日放送されていましたが
あの録音された豊田議員の暴言&暴力の音声、
相当な使用料が発生しているという噂です!

 

一体いくら位の使用料金がかかるのでしょうか?
こりゃ、知りたがっちゃいますよー!

 

Sponsored Links

 

このハゲー!の破壊力(笑)!

「このハゲぇーっ!」

「物事には裏と表があんの。裏なんだよ! おまえはよお!!」

「豊田真由子様に向かって、おまえのやっていることは違うっていうわけ! バカ!」

 

これ以外にも、ここでは書くのを躊躇してしまう・・・
そんな内容満載の豊田暴言語録の数々。

 

耳を塞ぎたくなるような内容ばかりですが
国会での「ちょいぶりっ子」な喋り方とのギャップで
何回聞いても笑けてきますww。

 

テレビ番組でこれらの音声が流れた時の
出演者のワイプでの表情といったら、、、
笑っていいのかダメなのか、みたいな表情が
より一層面白さを増していますね。

 

各局のテレビで相当数放送された
豊田真由子議員の暴言音声。

 

週刊新潮が元秘書から入手したということですが
この音声をテレビで使用する際に
新潮へ「使用料」を支払うことになるということ!

 

Sponsored Links

 

豊田議員の暴言音声の使用料は?

「文春砲」で今や芸能人から恐れられる「週刊文春」。
こちらも新潮同様、テレビで掲載内容を取り上げた際
その「使用料」が発生するということです。

 

「以前は週刊誌の誌面を紹介しても、宣伝になるからと無償だったんですが、今では例えば文春が出したスクープを扱う場合、誌面を放送したりしなくても数万円の請求が来るようになった」

ライブドアニュースより

 

発信元が新潮や文春だと、誌面内容紹介うんぬん関係なく、
お金が発生するってことなんですね!

 

まぁ、週刊誌の記者さんらも
お金と足を使ってスクープを取ってくるわけだから
使用料がいるというのも分からなくはない。

 

では、実際使用料っていくらかかる?
っていうことですよね。

 

ムック・雑誌編集の部 (B5判 A4判 AB判 1冊受注の場合)

●企画、編集関係
企画立案 : 200,000円~ ※雑誌創刊準備は別途。
編集料 : 25,000円~/頁 ※編集コーディネート,取材先選定,
スタッフ発注,原稿整理等
表紙コーディネート : 60,000円~

●原稿料
取材・原稿執筆 : 20,000円~/頁 ※取材拘束および取材経費は別途
依頼原稿 : 5,000円~/400字 ※著者交渉による
アンケート調査・データ収集 : 4,0000円~/1時間

●撮影料

取材撮影 : 15,000円~/1カット
※取材経費は別途。遠方取材の場合,
拘束料別途。写真主体の頁は25,000円~/頁
スタジオ撮影 : 10,000円~/1時間 ※最低単位3時間以上。撮影助手,
スタジオ代,機材レンタル代などは別途

●デザイン・DTP料
アートディレクション : 300,000円~

表紙デザイン : 120,000円~
※イラスト代,写真代など,ビジュアル費は別途
デザイン料 : 12,000円~/頁 ※1色頁は10,000円~/頁
DTP料 : 6,000円~/頁 ※カラーものは別途出力費

●校正料
初校 : 2,500円~/頁 ※校閲作業を含む場合は,5,000円~/頁
再校 : 1,500円~/頁 ※三校,念校などは要相談

●その他
イラスト,図版作成,写真レンタル代,モデル謝礼,
スタジオ代,スタイリスト,取材謝礼など : 別途
編集管理費 : 総費用の10%~
企画・編集印税 : ムックの場合,重版以降,定価の5%~

編集タイアップ : 上記基準単価の50%増~
2次的使用料 : 別途契約による

日本編集制作協会が示す内容によると
雑誌製作にはこれらの金額がかかっているということです。

 

ざっくり見ていっても、相当お金かかってますよね汗。
あくまで目安なので、全てが同じとは一概には言えませんが
週刊新潮なんて言ったら、超有名週刊誌。

 

そこらのよく分からない雑誌とは
ひと味もふた味も格が違います!

 

過去のニュースでこういうのがありました。

週刊誌が「持ち込みネタ」に支払う金額 元フライデー記者が明かす

7日放送の番組で、お笑い芸人の「スキャンダルネタの値段」が明かされた
週刊誌が「持ち込みネタ」に支払う金額を、元フライデー記者が推計した
吉田敬は5万円、小杉竜一は7万円で、2万円の差は好感度と説明された

ライブドアニュースより

これっていわゆる「ネタだけ提供」ってやつです。
それでこの値段が提供元に支払われるってわけです。

 

でも今回の豊田議員の暴言は、
実際に録音された音声ですからね。

 

しかも、自民党の国会議員!そして女性!
があの暴言ですよね!

 

国会議員のスキャンダルは、その職制からか
そのギャップが世間には大きなインパクトを与えますよね!

 

豊田議員の暴言音声は、あの「号泣議員」並の
ニュースの格好のネタですから。

 

あくまで予想ではありますが
音声提供した元秘書には100万円ほどの提供料が支払われているのでは?

 

そして、肝心の使用料は、安く見積もって一回10万円ほどでしょうか?

 

先程もあったように、テレビ番組で誌面を使わなくても
スクープ内容を取り上げただけで数万円支払うわけですから。

 

ガリオのまとめ

豊田議員、まだしばらく入院生活は続くかと思いますが
どれだけ時間が経っても退院した際に
テレビや週刊誌から追われることは必至!

 

なるべく早く謝罪した方が後々楽になると思いますが、、、
どっちにしろ政治家人生はこの一件で
ほぼほぼ終了してしまいましたからね。。。。

 

Sponsored Links