小室哲哉が引退でTMNETWORKは解散か?KEIKOとは離婚しない?

小室哲哉 画像


どーも、ガリオです。

 

今更、いや今だからこそなのか?

 

音楽プロデューサーの小室哲哉さんの「不倫疑惑」が週刊文春にスクープされたというニュースが!

 

中吊りのタイトルが「小室哲哉『裏切りのニンニク注射』」。タイトルのクセがすごいw(©千鳥ノブ)。

 

小室さんの妻KEIKOさんの病気療養中での不倫疑惑に、これは批判が殺到するのか?といった模様です。

 

Sponsored Links

 

小室さん会見するってよ!

最近は不倫疑惑がかかったら釈明会見をしなきゃいけないのか?分かりませんが、小室哲哉さん1月19日に記者会見をするということです。

一部週刊誌で不倫疑惑が報じられた音楽プロデューサー、小室哲哉(59)の所属事務所が18日、報道各社にファクスを送り、19日に記者会見を行うと発表した。

小室の所属事務所は17日に不倫疑惑報道に対して「本人が記事について否定しております」とコメントし、近日中に小室が記者会見を行うと告知していた。

livedoorニュースより

文春の突撃取材でも不倫については否定しているみたいですが、再度不倫はしていないと会見で話すことになるのでしょう。

 

しかし1月18日に「ミヤネ屋」で司会の宮根誠司さんが、小室さんの記者会見について気になる発言をしていたんです。

 

Sponsored Links

 

小室哲哉が引退?

番組では冒頭から小室の不倫疑惑報道を特集。週刊文春のインタビューで小室が「そろそろ年なのかなと思ってますので。引き…時なのかなと思い始めています」と、引退を示唆するようなコメントを発していることも報じた。

これを読んだ宮根は「ぼくね、近日中に記者発表と仰ってますよね?ぼく今回の件を否定される会見をして下さればひと安心なんですが、ひょっとして『引退します』なんて仰る可能性もあるんじゃないかって。それが怖い」と、近日中に行う会見が「不倫否定・釈明」ではなく、この世界からの「引退」発表の可能性もあると指摘した。

livedoorニュースより

週刊文春での不倫報道での直撃インタビュー内容を指して、小室さんが今回の会見で「引退する」のでは?と宮根さんは不安に思ったみたいなんです。

 

確かに小室さんのコメントを一見すると、そろそろ引退を、、、という考えもあるのでは?と思えてしまいますよね?

 

さすがに今回の不倫報道で、もう一般人になって今後の人生を過ごしたいと思ったのでしょうか。

 

1月19日の記者会見で、小室さんが引退を発表することがあるかもしれません。さらに深読みすると、それによって「不倫」という話題が消される、、、そんな考えもあるのかもです。

 

このパターン、去年の江角マキコさんの芸能界引退を思い出します。

 

落書き騒動がありましたが、引退することでその問題もフェードアウトした、、、といった具合に。

 

追記→

1月19日に小室哲哉さんの会見が開かれ、そこで宮根さんの嫌な予感が当たってしまいました。

 

引退をすると本人の口から発表されましたね。

 

妻であるKEIKOさんの現在の病状も告白しており、高次脳機能障害であるということでした。

 

奥さんの介護生活で心身ともに疲れ果てた中での、今回の不倫疑惑報道だったようですね。相当ショックだったんでしょう。

 

 

 

TM NETWORKは解散?

奥さんであるKEIKOさんもリハビリ中なので、globeは実質活動休止(解散ともいえる?)状態ですよね?

 

となると、小室さん個人でのプロデューサーとしての活動以外に、グループとしては「TM NETWORK」があります。

 

ですが、もし小室哲哉さんが引退するとなれば、TM NETWORKも自動的に解散になることでしょう。

 

作詞作曲のほとんどが小室哲哉さんであることから、メインコンポーザーが引退することになれば、楽曲を出すことは難しくなるからってことです。

 

小室さん的にはこれまでの稼ぎが十分すぎるほど有り余っているとは思いますが、残されたTMのメンバーは「ちょっと待てや!」ってことですよね?

 

まぁ小室さんのことなんで、もし引退するとなってもTM NETWORKのベストアルバム的なものを出して、最後のひと稼ぎ!なんてこともすることでしょう。

 

それが残りのメンバーへの餞別なのかもですね。

 

ガリオの「一言いわせて」

1月19日の記者会見で小室さんの発言内容が非常に気になります。

 

また、今回の騒動で奥さんあるKEIKOさんとの仲がどうなるのか?という思いもありますが、離婚などはさすがにないでしょう。

 

ケイコさん現在も病気療養中であるので、そのタイミングで離婚したら、、、ね?

 

本当に引退するとなれば、日本の音楽界の大きな才能が一つなくなることになるんじゃないでしょうか?

 

爆発的な小室ブームの時期には、批判の声も多かったみたいですが、それでも音楽界に残した功績はあまりにも大きかったです。

 

そして、やっぱりこの曲ですよね!
 

Sponsored Links

 


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です