米津玄師の紅白中継場所はどこ?徳島県のロケ地や出演時間が知りたい!

Sponsored Links

どーも、ガリオです。

 

今年2018年もあと少しで終わっちゃいますね〜。

 

年の最後、大晦日は「紅白歌合戦」!!

 

今年の紅白の楽しみは、白組での出演となる米津玄師!!

 

めっちゃ楽しみだ〜!!って人も多いはず!

 

わたくしガリオも米津玄師さんの歌唱(と布袋寅泰のギター演奏)がめっちゃ楽しみなんです!!

 

Sponsored Links

 

米津玄師の徳島県の中継先はどこ?

米津玄師さんの紅白歌合戦2018出演が決定したのが12月26日。

 

その際に発表されたのが、NHKホールでの歌唱ではなく、故郷である徳島県からの「中継での出演」ということ。

 

NHKホールの紅白観覧希望はすでに募集が終わっているため、生で米津玄師さんを見ることはできませんよね。

 

ただ徳島県からの中継だということは、、、近くで米津玄師さんの「Lemon」を生で聞ける可能性もある!?かもって思っちゃいますよね?

 

それで気になるのが、中継場所が徳島県のどこからなのか?

 

徳島県の観光スポットや名所を調べてみると

  • 大麻比古神社
  • 琵琶の滝
  • 蒲生田岬

などなど観光地が出てきましたが、NHKの紅白サイトを確認してみると、、、

徳島県からの中継は、安全上の理由から非公開で実施するため、一般の方の立ち入りや観覧はできません。

との注意書きが!!

 

ということは、不特定多数が来られる可能性がある屋外での歌唱中継では無いのでは?と予想できます!

 

そんな中で、徳島県の有名な場所で、しかも屋内!米津玄師さんの謎めいた雰囲気にもぴったりなんじゃないか?って場所があったんですよ!

 

その場所ってのが「大塚国際美術館」!!

レオナルド・ダ・ヴィンチ「最後の晩餐」、ゴッホ「ひまわり」、ピカソ「ゲルニカ」、ムンク「叫び」などなど、本などでは見たことある超有名名画(レプリカ)が生で見ることができる美術館なんです!

 

↑このツイートにも書いてありますが、やはり米津玄師さんは大塚国際美術館からの中継なんじゃないか?って予想です!

 

画像見る限りにも、雰囲気ありますよもんね〜!

 

しかも!なぜに大塚国際美術館が中継場所の最有力候補なのか?というと

↑大塚国際美術館の公式ツイッターからの情報。

 

紅白歌合戦当日の大晦日12月31日は美術館が休館で、その前日30日は「鑑賞制限がある」ということ。

 

つまり前日30日は、翌日の中継準備が入るんだろうと予想できませんか?

 

先程のNHKの発表内容をもう一度書きますが、

徳島県からの中継は、安全上の理由から非公開で実施するため、一般の方の立ち入りや観覧はできません。

大塚国際美術館周辺に行くことは可能かもしれませんが、あくまで米津玄師さんの生歌唱を目の前で見ることは不可能ということをお忘れなく!

 

Sponsored Links

 

米津玄師の紅白出演時間は何時ころ?

米津玄師さんの出演順は、後半の24番手。

 

最後から6番目ということで、かなり最後の方ということですね。

 

紅白終了時間が23時45分。

エンディングと得点計算など諸々で10分、米津さん以降の5組の歌唱時間10分(多く見積もって)。

 

逆算すると米津玄師さんの出演が「22時45分頃〜」となるとのでは?と予想できます。

 

確実に見逃さないためには、紅白歌合戦の公式アプリ「NHK紅白」ってスマホアプリが便利みたいですよ!

 

見たい出場歌手を登録しておけば、出演数分前にお知らせしてくれるってこと!

 

これ入れといて損はないんじゃないでしょうか?

 

紅白歌合戦アプリ「NHK紅白」ダウンロードは
iPhoneの方はこちらから

Androidの方はこちらから

 

 

米津玄師の紅白出演理由が泣ける件

米津玄師さんが今年の紅白に出演する理由が感動的なんですよ!

若い世代を中心に、圧倒的な支持を集める米津。それだけに紅白出場を望む声は多かったが、当初は交渉が難航していた。所属レコード関係者によると、本来であれば出演する予定のなかった米津サイドにNHKが粘り強く交渉。そして“米津玄師の故郷である徳島からの生中継”と提案したことで、急きょ出演が決まったという。

なぜここへきて突然、米津は出演を決めたのか? 徳島からの中継は紅白史上初だが、実は米津にとっても特別な意味を持っていた。『Lemon』制作中の昨年12月、米津の祖父が他界していたのだ。

所属レコード会社は、「祖父の他界から1年後となるこの12月の大晦日に、自身の故郷、そして祖父の生きていた土地・徳島でこの曲を歌う事の意味を感じることが出来た為、この度のオファーを受けさせて頂くという結論に達しました」とコメントしている。亡き祖父への思いが、紅白出場へと突き動かしたようだ。

また米津自身も、今年3月に『Lemon』リリース記念のウェブラジオで「結果的にあなた(祖父)のことが、あなたが死んで悲しいです、と4分間ずっと言ってる曲になって。だからそれは人を励ます、というより、ただひたすら自分の気持ちを吐露するだけの4分間になってしまった」と心情を明かしている。

女性自身より

 

「Lemon」が亡くなった祖父のことを歌っている曲であるということ、それを故郷である徳島で歌うことに意味がある。それを紅白スタッフが快諾したことで、出演を決断したということなんですね。

 

2018年の紅白まであと少しですが、そんな米津玄師さんの思いを感じながら「Lemon」を聞くと、曲に感動することかもしれませんね!

米津玄師さん、今年の紅白歌合戦で、最注目の出演歌手となりそうですね!