改元詐欺の手口や内容は?新元号令和に便乗して騙されないように!

Sponsored Links

どーも、ガリオです。

 

世間で大きな変化や出来事が起こると、それに便乗して出てくるのが悪い人間らの悪い知恵。

4月1日に発表された新元号「令和(れいわ)」。

 

早速、新元号に変わることを利用した「改元詐欺」というものが横行しているってニュースです。

 

 

改元詐欺の手口や内容は?

「令和(れいわ)」が発表されて、早速出てきたのが改元詐欺という悪い人間の考える詐欺事件。

その手口というのが、

  • 金融機関の職員を男性から電話
  • 「元号が変わるのでカードを新しくする必要がある」とウソの説明
  • 自宅にきたニセ職員にカードを渡し、暗証番号も教える

 

これによって、神奈川県や山梨県、宮城県で詐欺事件が発生しているということ(2019年4月2日現在)。

女性5人が被害になったそうです。

 

ちなみにこれは、新元号が発表される前の2月〜3月にあった改元詐欺なので、新元号「令和」が発表されたことで、また詐欺被害が出てくる可能性があります。

 

Sponsored Links

 

令和詐欺に騙されないようにするには!

今回のような改元詐欺の手口内容として「改元によってカードが使えなくなる」という説明がなされているということです。

元号が変わることで、金融機関のキャッシュカードが使用できなくなることは「まずありえない」ですよ!ですので、そんな電話があった時点でまずウソです。

さらに金融機関の職員がお客さんの暗証番号を聞いてくるって、まず無いですよ。

 

こういった詐欺でターゲットにされるのが、高齢者の方々です。

この記事を見ているあなたのお父さんやお母さんが、こんな改元詐欺の標的になるのは嫌だし、本当に腹がたちますよね?

 

まず「キャッシュカードを渡して」という電話はウソだということを教えてあげなければいけませんが、それでも詐欺師たちは言葉巧みに、高齢者の方を騙そうとしてきます。

こういう事件が発生しているということを、テレビなどで多く報道することでも抑止効果があると思います。

 

またご家庭に設置する固定電話で「迷惑防止機能」がついている機器が販売されていますので、それを設置するのも対策の一つになりますね。

↑こちらの商品では、迷惑防止を設定すれば、着信音を鳴らす前に相手に通話を録音するというメッセージを流すことが可能です。

かかってくる前に諦めさせるってことですね。

 

↑こちらの商品も同じく、迷惑電話防止機能が搭載されている機種です。

 

あなたのお父さんやお母さんが、詐欺電話にだまされないよう、こういった対策商品で身を守ることも大切なのではないでしょうか。

 

 

ガリオの「一言いわせて」

今回の改元詐欺もそうですが、2020年の東京五輪や2025年の関西万博に便乗した詐欺もすでに横行しているようです。

これらも「東京五輪までに現在のキャッシュカードが使えなくなる」とウソの電話をかけてきて、カードと暗証番号をもっていく、という改元詐欺と同じような内容のもの。

 

最後にもう一度、金融機関の職員でもお客さんにキャッシュカードを要求すること、そして暗証番号を聞くことはありませんから、そんな電話がかかってきても絶対に対応したらダメですよーーー!!!